業界というオアシス

こんにちは、水野です。私は自営業者なのでなるべく多くの人に会うように努めています。もちろん中小企業の社長さんに会うことが多いのですが、彼らに会うとよく出てくるキーワードがあります。それは

 

「うちの業界では」

 

という言葉です。私も日本人ですが、日本人は群れるのが好きでそして、その群れにいることで安心する傾向があるように思います。もちろん人とのつながりは大切ですし、同じ仕事や志を持つ仲間と良い関係を築くことは大切だと思うこともあります。しかし、それは日本だけの市場ならこの業界だけのつながりで良いと思います。

特に国からお金をもらっている企業こそその傾向が強いと思います。しかし今後そのような企業は減少していくのではないかと見ています。たとえばODAですが、公共事業が減少していくと私は見ています。

 

ここ何年か東南アジアなどの新興国やヨーロッパなどが日本市場進出が出てきました。彼らは日本のしきたりを知らないケースが多いので顧客から相手にされないと思いますが、業界特有の販売方法ではなく、顧客にあった販売方法を行い彼らが業界が持っていた顧客をごっそり持っていかれたケースが見受けられます。

 

そして業界側は政治とつながっていることが多いので場合によっては条例や法律を自分たちの有利に改正してもらい自分たちを有利にすることもあります。

 

今まではこれでも十分やっていけたと思いますが、今後の日本では果たしてそれで国際競争力がつくとは思わないし、先駆者たちは日本を捨てて他の国で成功し、日本には利益の損失になることが多いと思います。

 

このごろテレビで世界の秘境にすんでいる日本人の番組がはやっていていろんなテレビ局がこんな秘境のところに日本人が住んでいるんだと驚くことがあります。彼らをテレビから見ていてつくづく価値観の多様性の時代なのだと思わされます。そして今後このような日本人が成功していくのだと思いました。

 

中小企業の社長さんや社員の人たちは業界ばかり見ていないて違う視野を見ていく必要があると思います。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Hsiu Mckinney (水曜日, 01 2月 2017 22:22)


    Excellent beat ! I wish to apprentice while you amend your web site, how can i subscribe for a blog website? The account helped me a acceptable deal. I had been tiny bit acquainted of this your broadcast provided bright clear concept