風力発電を作ったアフリカ マラウイ青年のスピーチ

こんにちは、水野です。GWに入りましたがいかがお過ごしでしょうか?

私は今、相模原の相模大野駅近くの相模大野中央公園でマラウイハニーを販売しています。お近くの人がいらっしゃいましたらぜひ試食しに来てください。

 

今日は前にNHK・Eテレのスーパープレゼンテーションという番組で、マラウイで学費が払えなくて中学校を中退し、自力で風力発電を作ったウィリアム・カマンバさんのプレゼンテーションが、若き発明家として紹介されていました。2009年7月に行ったTEDカンファレンスの中のプレゼンテーションです。TED(Technology Entertainment Design)は、年に1回、カンファレンスを主催しているグループとのことで、著名な方もプレゼンテーションをしており、ウェブで無料で視聴できます。有志の方が日本語に翻訳もしてくれているので、字幕もついています。6分(スタートマラウイ引用)

 

もしかしたらマラウイ人のなかで世界で一番有名な人ではないかと思います。去年中学三年生の英語の教科書に載っていました。彼は独学で電力を作り、それが彼の人生を変えた。

 

彼のスピーチを聞いていて、彼の自信な満ちた姿はとても印象的です。この風力装置を制作している時に村の人たちにバカにされたことでしょう。でも信念を持って完成し、電気をつけた時はまさか彼はのちにアメリカの大学に留学できるとは想像できなかったでしょう。自分のしていることで悩み苦しんでいる人はとても励まされるスピーチです。