アフリカのニジェールで子供の死亡率が激減

IRINによると、アフリカのニジェールの五歳未満の死亡率が

1998年に比べると半減しているという報告かあった。

ニジェールにはMDGsという世界的なプロジェクトの一環で、

子供と妊婦の無料の予防接種やケアなどを行った結果の

効果だという。

 

MDGs(ミレニアム開発目標)は世界の貧困撲滅のプロジェクトで、

日本は重要な働きをしています。知らない人が多いのですが、

とても大切な働きです。