アフリカソマリアでジャーナリスト数人が死亡

ソマリアは大統領が決まり、次のステップにいくには時間がかかりそうです。

 

モガディシュ報告 ソマリアの三か所で自爆テロがありジャーナリストを含む10人がなくなったそうです。

 

ソマリアにはアルカイダ系の反政府の影響がかなりあります。

それらが国を混乱させています。

 

AUがソマリアに向け本腰になっているので、時間はかかると思いますが、

かならず平和が来ると思います。

 

ソマリアはイスラム以外の宗教を認めていないので、

キリスト教国はなかなか支援が難しいことが挙げられます。