アフリカ スーダンのタルフールでの外国援助団体追放

スーダンの人権団体によるとタルフールでの外国援助団体を追放すると

スーダン政府は脅した。

 

南スーダンが独立したが、タルフールの治安は悪化しており、反政府

にアメリカ側が接触したことに不服をしている。

 

タルフールは日本ではなじみがないと思いますが、スーダンと南スーダンの

分裂に大きな影響があるタルフール紛争の場所です。今でも緊張が

続いており、原因はスーダン側の中国と南スーダン側のアメリカなどによる

石油利権が根底にあります。

 

もちろん日本も石油はアフリカでもかなり輸入しています。

 

中国の尖閣諸島問題を語る上で注目しなくてはいけない場所です。