アフリカ ケニア タナ川で48人襲撃し殺される

ケニアで残虐な事件が起き、世界を震撼させています。

 

ケニアの新聞デイリーネーションによると、ORMAという民族がボコモの農地と住宅地を21日の夜に襲撃し少なくとも(女性子どもを含む)48人が死亡した。

 

犯人は不明だが、政府はORMAの民兵であるとして調査をしている。

 

この二つの民族はタナ川沿いに住む民族たちで、普段からいざこざが絶えなかったそうだ。

 

ケニアでは正確な人数はわからないとしているが、かなりの被害であることは推測できる。翌日、ケニア政府はORMAの銃などの兵器を没収している。

 

事件の発端は先週、ボコモの農民がORMAに襲撃をしたことの

仕返しとみている。

 

このタナ川の河口はモンバサの港があり、ケニアでも大きな流通の拠点である。マラウイから輸入する時に船で運ぶ時はこのモンバサを使う。

 

そのモンバサの近くでこの事件は起きたらしいが、この事件が流通に影響しなければよいと思う。