マラウイで同性愛者差別法を撤廃か?

アフリカでは同性愛者に対して厳しい対応をしている国が多い

マラウイでも去年同性愛者が逮捕される事件が起こっている。

しかし、新大統領のジョイスパンダ女史は同性愛者の権利を認め、

同性愛者差別法の撤廃を進めていく方針を明らかにしている。

(アフリカニュースから)

 

ムタリカ前大統領の時には同性愛者が逮捕され、牢屋に入れられた

ことが報道されました。しかし、大統領が変わり、西洋諸国からの

同性愛者の人権団体の目もあり、権利を認める指針に変わりつつあります。

これはアフリカ諸国では珍しいことです。しかし、マラウイは保守的な

国なので民衆に受け入れられるまでは時間がかかると思います。