クリントン国防長官マラウイ訪問と大統領と会談

マラウイのニヤサ新聞によると、クリントン国防長官はマラウイを訪問し、酪農を視察やジョイスパンダ大統領との会談を行った。

 

アメリカはマラウイの農業強化のために36百万米ドルの支援を約束している。

また、エイズ救済(PEPFAR)、マラリア·イニシアティブと地球規模の気候変動イニシアティブのための緊急計画、マラウイには、フィード未来イニシアティブ、グローバル·ヘルス·イニシアティブを含む、5つすべてをアメリカが支援を予定しており、その額は2憶ドルに達する見込み

 

クリントン国防長官はマラウイの後にガーナにむかい、7月24日に亡くなった大統領に国葬に参列する可能性が高い