BLOGOSのフェアトレード議論について(1)

BLOGOSでフェアトレードが話題になっている。

発端はやまもと氏の

「数字をきちんと読めない人がフェアトレードとか言い出すと大変なことになるかもしれない(メモ)」

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2012/05/post-8bfe.html

 

でフェアトレードの問題点を指摘して、それから反対意見や問題点の主張がなされてきた。

「フェアトレードの問題点」

http://blogos.com/article/38260/?axis

 

コーヒーと搾取とブロガー

http://blogos.com/article/38290/

 

やまもといちろう氏は別にフェアトレードを批判したのではない(メモ)

http://blogos.com/article/38289/

 

実際、マラウイの商品を販売して思うことは、まず生産者が生活するためには私たちは「継続」して仕入れることだと思います。

 

私も震災の影響で滞ることもありましたが、継続して販売したい気持ちは変わりません。なぜなら、一時的売れても継続がなかったら彼らはまた、労働意欲は薄くなり、援助にたよる生活になるからでする。

 

そのためには売り続けるシステムを確立することが大切です。しかし、これは結構難しく。フェアトレード商品販売で上手く言っているのは一握りだと思います。わたしも試行錯誤の状態ですが、次回から、いくつか、学んだことを書きたいと思います。